Blog&column
ブログ・コラム

重点分析のメリットとは

query_builder 2024/06/15
コラム
34

重点分析は、企業が有する指標を整理・分析し、事業の効率化や経営戦略の立案などに生かすための骨組みです。
この手法は、主にマーケティングや売上分析に用いられますが、物流や倉庫運営などにも役立ちます。
そこで今回は、重点分析の主なメリットをご紹介します。
▼重点分析のメリット
■商品の貢献度がわかる
多数の商品を扱っている場合、どの商品がどれくらい売上に貢献しているかといった貢献度の確認は難しくなります。
例えば単価が低い商品は、たくさん売れていても目立った売上にならないかもしれません。
逆に高額な商品は、それほど売れていなくても売上に大きく貢献することがあります。
重点分析をすることで、一つひとつの商品が全体のなかで、利上げにどのように貢献しているかを明確にできるのです。
在庫管理がしやすくなる
売上への貢献度を明確化することで、在庫管理もしやすくなります。
例えば貢献度の高い商品は、欠品があると売上に大きく影響するため、多めに在庫を確保することが必要です。
反対に貢献度の低いものは欠品しても売上に大きな影響は出ないので、在庫を抱える必要はありません。
在庫管理のスペースには限りがあるため、優先度の高い商品にスペースを割くことで、効率よく売上をアップできるでしょう。
▼まとめ
重点分析のメリットとして、商品の貢献度がわかることや在庫管理がしやすくなることが挙げられます。
在庫管理が適正に行われないと、売上に大きく影響を及ぼします。
自社での在庫管理がうまくいかず悩まれている方は、アウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。
『東京中央梱包株式会社』では、幅広い商品の在庫管理を承っております。
お客様の要望を反映した在庫管理を行っておりますので、安心してお任せください。

NEW

  • 物流会社を選ぶポイント

    query_builder 2023/11/21
  • 出荷作業に人員が足りない時の対策

    query_builder 2024/07/15
  • 出荷作業を効率化するためのポイントとは

    query_builder 2024/07/01
  • 重点分析のメリットとは

    query_builder 2024/06/15
  • 紙類の在庫管理における注意点とは

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE