Blog&column
ブログ・コラム

紙類の在庫管理における注意点とは

query_builder 2024/06/01
コラム
33

紙類は、長い期間保管すると字が薄くなったり黄ばんだりと劣化してしまいます。
では紙類を在庫管理する際、どのようなことに気をつけると劣化を防げるのでしょうか。
そこで今回は、紙類の在庫管理に置ける注意点を解説します。
▼紙類の在庫管理における注意点
■温度・湿度などを適切に保つ
紙類が劣化する要因の一つが、温度や湿度の変化です。
温度や湿度が高くなると酸性劣化が起きやすくなり、カビが発生する恐れがあるでしょう。
また空気中の汚染物質やチリ・ホコリも劣化の原因となるため、なるべく触れさせないようにすることも大切です。
■ネズミや害虫
保管場所にネズミや害虫が発生すると、食害被害に合うリスクもあります。
劣化するだけでなく紙に直接キズがつくので、注意しなければなりません。
■光が当たらないようにする
紙類は光に含まれる紫外線にさらされると、劣化が進みます。
これは太陽光だけでなく、蛍光灯も同様です。
そのため、なるべく光が当たらない場所で保管しましょう。
■定期的なコンディションチェックをする
保管場所の定期的なコンディションチェックは、欠かさず行いましょう。
チェックポイントとして、ホコリやカビがないか・虫食いはないか・変色やシミがないかなどが挙げられます。
早期に異常を発見することで、新たな対策が可能です。
▼まとめ
紙類を在庫管理する際は、温度や湿度を適切に保ったり光や汚染物質にさらされない環境を整えたりなどの工夫が必要です。
しかし、このような環境を整えるには、費用や労力もかかります。
自社での管理が難しいと感じた場合は、アウトソーシングを検討するのも一つの手です。
『東京中央梱包株式会社』では、在庫管理の代行業務を行っておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

NEW

  • 物流会社を選ぶポイント

    query_builder 2023/11/21
  • 重点分析のメリットとは

    query_builder 2024/06/15
  • 紙類の在庫管理における注意点とは

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE