Blog&column
ブログ・コラム

在庫管理はなぜ難しいのか

query_builder 2024/05/15
コラム
31

在庫管理の難しさに、頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。
しかし在庫管理が適切に行われないと、経営に悪影響を及ぼす可能性があります。
そこで今回は、なぜ在庫管理が難しいのか解説します。
▼なぜ在庫管理が難しいのか
■管理ルールが曖昧だから
在庫管理のルールが曖昧だと、在庫数が合わないといったおそれがでてきます。
曖昧な分、一部の従業員しか対応できないというリスクにもつながります。
そうならないためにも、管理ルールを細かく策定し徹底することで、管理ミスを防げます。
ルールを決める際は、入荷・保管・出荷・棚卸し・品質管理の5項目を念頭に、策定することが大切です。
■システムの連携がとれていない
在庫管理システムを利用している会社は多いでしょう。
しかし従業員の中でシステムの認識のズレがあると、入力ミスといったことが発生しやすくなります。
このようなミスをなくすためには、従業員とシステムの連携や理解が重要です。
■需要の変化の予測が難しい
在庫管理を適切に行うには、需要の変化を予測する必要があります。
予測がうまくできないと、在庫が増えすぎたり欠品が続いたりすることになるでしょう。
すると余計なコストが増えたり販売機会を失ったりすることになり、経営にも悪影響を与えてしまうかもしれません。
▼まとめ
在庫管理は、管理ルールが曖昧・システムの連携がとれていない・需要の変化の予測が難しいことにより困難さを増します。
自社での在庫管理が難しい場合は、アウトソーシングにより問題が解決するかもしれません。
『東京中央梱包株式会社』では、在庫管理から配送業務まで承っております。
「アパレル」「健康食品」「化粧品」「精密機械」を中心に幅広い商品を扱っておりますので、まずはご相談ください。

NEW

  • 物流会社を選ぶポイント

    query_builder 2023/11/21
  • 重点分析のメリットとは

    query_builder 2024/06/15
  • 紙類の在庫管理における注意点とは

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE