Blog&column
ブログ・コラム

在庫管理のミスが及ぼす主な影響とは

query_builder 2024/05/01
コラム
29

在庫管理をミスすることで、ざまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。
ミスを起こしてしまうと、経営に影響を及ぼしかねません。
そこで今回は、在庫管理のミスが及ぼす主な影響をご紹介します。
在庫管理のミスが及ぼす影響
■余剰在庫によるコストの増加
例えば、在庫を多く発注してしまうミスがあると無駄な在庫を抱えることになり、保管コストが増える可能性があります。
古い商品は劣化が進んだり消費者ニーズから外れたりすることで、販売できなくなる可能性もあるでしょう。
そうなると廃棄費用も必要となり、無駄なコストがかかってしまいます。
■欠品による販売機会の損失
在庫ミスにより欠品が発生すると、顧客の注文に対応できなくなり販売機会を失う恐れがあります。
顧客からの信用もなくなり、経営にも悪影響を及ぼすでしょう。
■在庫数の把握ができない
在庫管理のミスが起きると実在庫数と在庫データがずれ、正確に把握できなくなってしまいます。
その結果、修正作業による生産性の低下、発注ミスといったトラブルが発生するかもしれません。
こうしたトラブルは、経営の悪化を招きます。
▼まとめ
在庫管理のミスは、余剰在庫によるコストの増加・欠品による販売機会の損失・在庫数の把握ができないなどの事態を招きます。
このような事態にならないためにも、在庫管理はミスなく確実に行うことが重要です。
『東京中央梱包株式会社』では、EC物流全般の代行業務を行っております。
ご要望に合わせて柔軟に対応いたしますので、まずはお問い合わせください。

NEW

  • 物流会社を選ぶポイント

    query_builder 2023/11/21
  • 重点分析のメリットとは

    query_builder 2024/06/15
  • 紙類の在庫管理における注意点とは

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE