Blog&column
ブログ・コラム

商品の一時保管先を選ぶ時の注意点

query_builder 2024/01/28
コラム
16

商品を一時保管する場所にお困りの方も、多いのではないでしょうか。
そのような場合は、一時保管サービスの利用が便利ですが、どのような点に注意して保管先を選ぶ必要があるのでしょうか。
当記事では、商品の一時保管先を選ぶ時の注意点をご紹介します。
▼商品の一時保管先を選ぶ時の注意点
■温度や湿度管理を行っているか
高温・多湿となるような環境を避けているかは、重要なポイントです。
精密機械を扱っている場合は、特に在庫環境に左右されるので慎重に預け先を選びましょう。
時間帯や季節などの変化にも、しっかりと対応している預け先なら安心です。
■ホコリの多い環境ではないか
一時保管をする場所が、ホコリの多い環境でないかのチェックが必要です。
しかし保管環境の近くで工事をしているといった場合は、作業時の粉じんが入り込む可能性もあります。
外的要因でホコリが発生する環境ではないか、確認しましょう。
■水濡れの可能性がないか
商品が水に濡れてしまうと、トラブルの原因となります。
倉庫内の配管設備や、水漏れなどに問題がないかを確認しておくと安心です。
また発送時に使用する段ボールを保管する場合も、水濡れのリスクがある環境は適しません。
▼まとめ
高温多湿・ホコリの多い環境・水濡れの可能性がある環境は、保管場所には適さないでしょう。
トラブルを防ぐため、対策をしっかり行っている業者を選ぶと安心です。
『東京中央梱包株式会社』では、適切な環境で大切なお荷物をお預かりしています。
東京でECサイトの在庫管理から輸送までを希望されている方は、当社までご相談ください。

NEW

  • 物流会社を選ぶポイント

    query_builder 2023/11/21
  • 重点分析のメリットとは

    query_builder 2024/06/15
  • 紙類の在庫管理における注意点とは

    query_builder 2024/06/01

CATEGORY

ARCHIVE